ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ホボロ島

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年9月1日更新

なくなりつつある島

赤崎海岸沖にある無人島。安芸津の海へ嫁入りしてきたこの島が、松の木や周囲の島の励ましにも関わらず、すこしずつやせ細っていく・・・という伝説どおり、ナナツバコツブムシの生物浸食と波の浸食等によって年々小さくなっています。
現在は満潮時に2、3の岩が顔を出す程度となっています。

昭和30年頃のホボロ島の写真       現在のホボロ島の写真

場所

東広島市安芸津町木谷

お問い合わせ

東広島市産業部商業観光課 Tel:082-420-0941

周辺の観光地など

赤崎海岸、榊山八幡神社、安芸津歴史民族資料館

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。