ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

美酒鍋

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月10日更新

東広島の名物料理 「美酒鍋」

東広島の名物料理で、塩とコショウとお酒だけで味付けするシンプルな鍋料理!美酒鍋の画像
それだけに、良い酒、良い素材がその味を決めます。
蔵人のまかない料理として親しまれ、酒造りの作業の合間に食べても利き酒などに影響が出ないように、あっさりとした味付けとなっています。
作業服がビショビショになることが多いことから、蔵人のことを「びしょ」といい、その蔵人が食べることから「びしょ鍋」と呼ばれるようになったと言われています。
現在では、「びしょ」を「美酒(びしゅ)」と語呂良く読ませています。

レシピ

美酒鍋材料(5人前)

豚バラ肉……500g 鶏肉……500g 砂ずり(砂肝、鶏の心臓)……500g
白ねぎ……3本 白菜……1/2 玉ねぎ……2個 ピーマン……2袋 人参……1本
椎茸……2袋 こんにゃく……2枚 厚揚げ……2枚
その他(油揚げなど好みに応じて)
にんにくスライス……少々 清酒……適量
油……少々 塩……少々 コショウ……少々(たっぷり入れるのがコツ)

作り方

  1. 鍋を温め、油をひく。
  2. にんにくのスライスを入れ、香りが出たら豚バラ肉を入れて炒める。
  3. 鶏肉を入れる。
  4. 砂ずりを入れる。
  5. 野菜、こんにゃく、厚揚げなどを入れる。鍋底が見えなくなるくらいでやめておく。
  6. 塩、コショウを適量入れ、炒める。
  7. 清酒をたっぷり入れる。(具材が浸るまでは入れない。)
  8. 試食して味が薄かったら塩、コショウを、濃ければ清酒を加える。
  9. 野菜がしんなりしたら完成。煮込んではいけない。
    (好みにあわせてコショウをふって食べる。)
  10. 焦げ付くようなら清酒を入れる。
  11. 一度に全部作るのではなく、中身を全部食べた後に、もう一度最初から作る。

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。