ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

乳幼児等医療費助成

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月19日更新

この制度は、乳幼児が病院にかかったときの医療費を助成するものです。

(生計中心者の所得額が、定められた限度額内であることが条件)

対象児童

0歳児から就学前6歳児まで

※ただし、入院医療費については中学3年生まで助成します。
  ・入院医療費の助成が必要となった場合に、申請手続きが必要です。
  ・入院予定のない方への受給者証の事前交付はいたしません。

助成対象

保険診療の自己負担分から一部負担金額を除いた額
  ・一部負担金500円/日(1月あたり1医療機関において入院14日まで、通院4日まで)
  ・200床以上の病院での紹介状なしの初診、健康診断、予防接種、歯列矯正など
   保険給付の行われないものについては、支給対象となりません。

申請手続きについて

受付窓口:こども家庭課、各支所・出張所
申請に必要なもの:印鑑、対象児童の健康保険証、所得課税証明書(転入者の場合)
 →出生や転入などの日から14日以内に申請してください。
 
 (健康保険証や所得課税証明書などの添付書類は後日提出でも可)
 →申請書は、「乳幼児等医療費受給者資格申請書」からダウンロードできます。

その他、手続が必要なとき

     ・住所が変わったとき(市内転居、転出)
  ・健康保険証が変わったとき
  ・受給者証を紛失したとき
  ・生計中心者が変わったとき   など

受給者証の更新(0歳児~就学前6歳児のみ)


受給者証は、お子様の誕生月の翌月初日で毎年切り替えとなり、新しい年度の所得で審査をします。原則として更新申請は不要です。ただし、必要事項が確認できない場合は誕生月の上旬に更新申請書を送付しますので必要書類を揃えて提出してください。
なお、所得制限限度額を超えたため受給されていない方は、お子様の次の年齢の誕生月に再度申請してください。所得条件に合致すれば、受給者証を発行します。

医療費の返還請求

受給者証の有効期間内において負担されている保険適用内の医療費がありましたら、医療費の返還請求ができます。
 →詳細については、「医療費払戻しの手続き」をご確認下さい。


関連情報
  乳幼児等医療費受給者資格申請書
  医療費払戻しの手続き(乳幼児等医療・ひとり親家庭等医療)




※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

AdobeReaderのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方はダウンロードしてください。