ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 東広島市消防局 > ホテル・旅館等に対する表示制度が開始されます

ホテル・旅館等に対する表示制度が開始されます

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月18日更新

ホテル・旅館等に対する『表示制度』について

制度の概要

 平成24年5月に発生した福山市のホテル火災を受け、ホテル・旅館等の火災被害防止対策として、総務省消防庁から「防火対象物に係る表示制度の実施について」が通知されました。

 この制度は、収容人員30人以上及び防火対象物の地階を除く階数が3以上のホテル・旅館等に該当するもののうち、表示マーク等の交付を希望する関係者からの申請に基づき、消防が書類審査や必要に応じて現地調査を行い、防火に関する基準に適合していると認められた場合、交付される表示マークを掲出するとともに、ホームページにおいて電子データの表示マークを使用することができることとなるものです。

 また、収容人員30人未満又は2階以下の、表示マーク等の対象とならないホテル・旅館等についても、関係者の申請に基づき審査等を行い、防火に関する基準に適合している場合、「表示制度対象外施設通知書」により、防火に関する基準に適合している旨を通知します。いずれの適合の場合も東広島市のホームページに掲載し、利用者に情報を提供していくものです。
銀の表示マークの画像金の表示マークの画像
○表示マーク【銀】の交付
 消防機関による審査の結果、表示基準に適合していると認められる場合は、『表示マーク【銀】』(有効期間1年間)が交付されます。

○表示マーク【金】の交付
 3年間継続して表示基準に適合していると認められる場合は、『表示マーク【金】』(有効期間3年間)が交付されます。

申請様式

申請先

東広島市消防局管内の消防署又は分署に申請してください。

基準適合ホテル・旅館等一覧

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。

AdobeReaderのダウンロード(別ウィンドウで開きます。)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方はダウンロードしてください。