ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 観光・イベント > イベント情報 > > 東広島市立美術館 > 特別企画展-Life&Art- 「花-生きるということ-」
トップページ > 分類でさがす > くらしのガイド > 生涯学習・平和・国際 > 文化 > 東広島市立美術館 > 特別企画展-Life&Art- 「花-生きるということ-」
トップページ > 分類でさがす > 観光・イベント > 観光ガイド > 文化施設 > 東広島市立美術館 > 特別企画展-Life&Art- 「花-生きるということ-」

特別企画展-Life&Art- 「花-生きるということ-」

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年2月2日更新

 花-生きるということ-

 東広島市立美術館では、「現代の造形-Life&Art-」という共通テーマで、美術と生活・産業の接点において、人や美術 とのかかわりを造形の視点から幅広くとらえ直すことを目指して展覧会を開催してきました。

 9回目となります今回は、暮らしに身近な「花」をテーマとして展覧会を開催します。

はじめに 

ポスター画像

 皆様は、「花」に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか?

 花は私たちの暮らしの身近にあり、東広島市においても、山裾に広がるつつじやため池の水生植物など、古くから地域の身近に広がる花もあります。また、人々の生活に彩りを与える存在として、園芸や生け花、押し花などに活かされ、私たちの生活文化においても欠かせない存在になっています。

 一方で、花はその美しさはもちろんのこと、種から育ち、最後は儚く散りゆく様から、古来より人間の一生にもたとえられてきました。こういった「花」のイメージに基づいた活動は、人々の心をとらえているのではないでしょうか。2015年は、広島にとって被爆70年という特別な年であり、展覧会の会期中には、東日本大震災から4年を迎えます。暮らしに身近な花から始まり、人間が「生きるということ」に迫ることは、共通テーマである「Life&Art」の「Life」の部分の根幹を、より深く考えることにもつながるのではないでしょうか。

 今回の展覧会では、このような「花」や「生きること」といったキーワードのもと、絵画・彫刻・写真・漫画・映像・インスタレーションなど様々な分野の作品から、それぞれの作家の心にある「花」を表現する展覧会を開催します。

 桜の季節に先立ち、「Art」でしか表現できない美しき「花」の世界をぜひご覧ください。

出品作家(50音順、敬称略)

石原悠一、内田雅三、岡原大崋、奥田秀樹、叢、久保田貴美子、神田博史、こうの史代、佐古昭典、鈴木たかし・間瀬実郎、ゼロ・ヒガシダ、橋本一貫、比治山大学学生グループ、福原匠一、藤岡亜弥、村上たかし

会期 

平成27年2月13日(金曜日)~平成27年3月22日(日曜日)/休館日 月曜日

入館料

 一般 600(500)円  大学生 400(300)円  高校生以下無料

 ※(  )内は20人以上の団体料金

主催

東広島市立美術館

後援

中国新聞、NHK広島放送局、中国放送、広島テレビ、広島ホームテレビ、テレビ新広島、広島エフエム放送、(株)広島リビング新聞社、プレスネット、KAMONケーブルテレビ、FM東広島89.7

協力

 株式会社NHKエンタープライズ、株式会社サタケ、広島県立西条農業高等学校、(公財)広島市文化財団 可部公民館、広島市立中央図書館

一部作品をご紹介

久保田貴美子 再生

久保田 貴美子 《再生》 2015

ゆめれんか

ゼロ・ヒガシダ 《夢蓮華 ゆめれんか YUMERENKA(Flowers in Illusion)》 2015

星守る犬 

村上 たかし 『星守る犬』原画 2009 ©双葉社

関連企画(1) ライブペインティングでアートの花を咲かせよう

  今回の出品作家で、ライブペインティング作家としても広島で活躍している石原悠一氏の作品制作および小学生を対象にした体験ワークショップを開催します。

日時・場所

平成27年3月7日(土曜日) 作品制作13時00分~、ワークショップ14時00分~

作品制作・受付:東広島市立美術館ロビー

ワークショップ会場:八本松地域センターホール

※ただし、ワークショップの受付は12時30分より、美術館で行います。

講師

石原悠一(出品作家・ライブペインティング作家)

作品制作の鑑賞について

対象 当日全ての来館者

定員 なし(申し込み不要)

参加料 無料(※ただし、入館料別途)

ワークショップについて

対象 小学生

定員 30人(先着順、電話または美術館窓口でお申し込みください。)

参加料 500円(材料費)(※ただし、保護者は入館料別途)

関連企画(2)  東広島から広島の被災地へ メッセージカードで花を咲かせよう

 広島市の土砂災害から間もなく半年を迎えます。東広島市立美術館では、被災地向けの復興応援メッセージカードを募集し、被災地の公民館に届けます。皆様も、メッセージカードを届けてみませんか?

募集期間・受付方法

平成27年1月6日(火曜日)~2月6日(金曜日)

東広島市立美術館に郵送するか、または美術館と東広島市民ギャラリーに期間中設置する特設ポストに投函してください。

規格

はがきサイズ(厚紙)

展示期間

東広島市立美術館 平成27年2月13日(金曜日)~3月6日(金曜日)

(公財)広島市文化財団 可部公民館 平成27年3月下旬~(予定)

対象

どなたでも参加可能です

協力

(公財)広島市文化財団 可部公民館

参加特典

参加者全員の中から、抽選で20組40名に本展の招待券を進呈します。

関連企画(3) 展覧会解説ガイドツアー

 本展覧会コーディネーターによるガイドツアーを行います。

日時・場所 

 平成27年2月21日(土曜日)14時00分~

 東広島市立美術館展示室

講師

 石丸 勝三(展覧会専門委員、彫刻家)

 松田 弘(展覧会専門委員、呉市立美術館長)

申し込み・参加料

 事前申し込み不要

 参加無料(※ただし、当日の入館料別途)

その他

ものづくり広場「自分だけの花を咲かせよう!」

 美術館にものづくり広場を開設します。今回は、お花紙を使って自由に持ち帰れる花を作るブースを設けます。

 身近な素材で造花を作りませんか?

 日時・場所 会期中美術館2階ロビーで行います。参加随時。

 参加料   なし(※ただし、入館料別途。)

アートアドベンチャー

 小学生を対象としたクイズ形式の作品鑑賞企画を開催します。ご来館時に美術館受付にお申し込みください。

 

※「用語解説」に関するご質問・ご要望は、ウェブリオまで問合せください。